宮文の刃物とは

宮文刃物店の包丁とは

プロ用包丁から家庭用包丁まで幅広い種類の刃物製品を取り扱っております

創業昭和2年 刃物専門店 宮文は家庭での使用に最適なものから、プロの現場で使えるものまで、幅広い種類の刃物製品を取り扱っております。
確かな技術と豊富な品揃えでお客様にご奉仕いたします。刃物専門切れ味本位刃物のことなら家庭用から業務用まで豊富に揃えており、包丁をはじめ、カミソリ・爪切りなど刃が付いてるものは何でも揃います。刃物をお求めでしたら是非宮文におまかせください。

宮文刃物店が自信を持ってお勧めできる商品ばかりです。

宮文では、宮文オリジナルブランドの包丁を多数ラインナップしています。
家庭での使用に最適な取扱の容易なものから、より切れ味に拘ったプロの現場で使えるものまで、幅広くニーズにお答えしていける品揃えをご用意しています。
80年以上の歴史を持つ宮文刃物店が自信を持ってお勧めできる商品ばかりです。

当店でお買い上げ頂いた包丁だけでなく、
他メーカーの包丁も研ぎをお受けしております。

宮文では、当店でお買い上げ頂いた包丁だけでなく、
他メーカーの包丁も研ぎをお受けしております。
切れ味の落ちた包丁は、調理に負担となるばかりでなく、取り扱いに危険を伴う事も少なくありません宮文では包丁それぞれの材質にあったメンテナンスを施す事により、失った切れ味を再び取り戻します。

刃物の材質では、鋼製・ステンレス割り込み素材などがあります。

当店の刃物に使われる材質は、大きく分けて3種類あります。

宮文でお取り扱いする刃物に使われる材質は、大きく分けて3種類あります。
ですが、どの材質が優れているとは一概に言い切ることは大変難しいのです。ここでは、それぞれの材質の長所と短所を説明いたします。

鋼製包丁の手入れ鋼製包丁のサビが出るのは防ぎようのない現象です。お手入れをしっかりと行うならば、最も末永く使える材質でもあります。 比較的錆びやすい特製を持っていますが、切れ味は随一!ただし、さびやすいので定期的なお手入れが必要になります。お手入れをしっかりと行うならば、最も末永く使える材質でもあります。過酷な環境下で使用して、刃先が劣化してしまった場合でも、砥ぐことによって本来の切れ味を取り戻すことが可能です。とにかく切れ味に拘りたい方や、包丁を砥ぐことになれている方は、ハガネ製の包丁を選ぶのがよろしいのではないでしょうか?
ステンレスの包丁で一番良いと言われている点は、なんといってもお手入れのしやすさではないでしょうか。 錆に強く、お手入れが簡単で、メンテナンスに手間がかかりません。しかしながら、ハガネの包丁に比べると切れ味が劣ります。包丁を砥ぐことに慣れていない方や、包丁のケアが面倒な方にお勧めな材質です。
割り込み包丁には、割込み三徳包丁や割込み牛刀という包丁もあります。 ステンレス製のブロックでハガネ製のブロックをはさみこんだ、三層構造です。
刃先だけがハガネ製と同じ状態となり、ハガネ同様の切れ味を持ちます。刃先だけを砥げば切れ味が戻ります。ハガネ製包丁の欠点である、お手入れの大変さを緩和した作りになっています。ただし、ハガネ製の包丁より寿命(刃先が磨耗しきり、遂げなくなる)が短くなるというデメリットもあります。

どの素材が優れているとは一概に説明しにくいのはお解かりいただけたでしょうか?もし、現在ハガネの包丁を使っておられるなら、ステンレス製の包丁では切れ味に不満を感じるでしょうし、ステンレス製を使っている方がハガネを使うと、お手入れが面倒に感じてしまうでしょう。
お使いの用途や環境、そしてあなた自身の生活を考えて、ベストな材質を選択してください。

また、包丁を店頭にお持ちしていただければ、砥ぎ直しも承ります。

包丁・刃物の種類

  • 家庭用万能包丁

    包丁は、食材に合わせて種類を選ぶものです。しかし、一般家庭では、普段あまり扱わない食材を切るために、色々な包丁を全て揃えるのは気が引ける、そんな方も多いのではないでしょうか。そんなニーズにお答えするのが万能包丁です。
    色々な食材を切るからこそ、それに柔軟に対応できる高品質なものを!宮文では、末永くお使いになれる万能包丁をご用意いたしております。

    家庭用万能包丁商品一覧を見る
  • ペティナイフ

    野菜や果物の皮を剥いたり、食材への細工に便利な小回りの利く小さな包丁。それがペティナイフです。
    「料理は見た目から」という言葉があります。綺麗に皮を剥き、整形された食材は見た目だけで美味しさも格別です。野菜や果物を綺麗に仕上げるために必要なことは、ずばり「包丁の切れ味」です。
    宮文では、ストレス無く扱える切れ味本位のペティナイフを取り揃えております。

    ペティナイフ商品一覧を見る
  • 菜切包丁

    刃の幅が広く野菜を切るのに適した包丁です。大量の野菜を切ることは、結構な重労働です。そんなときに便利なのが菜切包丁です。刃の幅が広いので大きな野菜でも一度でに切れます。大量の野菜を切るときも、包丁の切れ味がよければ、ストレスも解消されます。
    宮文では切れ味本位の菜切包丁を取り扱っております。あなたのキッチンにも一本いかがでしょうか?

    菜切包丁商品一覧を見る
  • 出刃包丁

    魚を三枚におろしたり、骨ごと切るために便利な、刃の厚い包丁です。
    新鮮な一匹まんまの魚をストレス無く切れる、切れ味本位の宮文の出刃包丁。魚好きの方、つり好きの方は一本用意したい必須アイテムです。

    出刃包丁商品一覧を見る
  • 柳刃包丁

    柳刃包丁は、お刺身を作るときに便利な包丁です。出刃包丁よりも刃がコンパクトで、平物の魚をさばく時に特に重宝します。お刺身は、切ったままの形で食卓に並ぶ料理です。だからこそ、包丁の切れ味が重要になります。お刺身を美味しく彩る宮文の柳刃包丁、是非ご覧下さい。

    柳刃包丁商品一覧を見る
  • 麺切包丁

    刃幅が非常に広い麺切包丁です。適度な重量感が快適にサポートします。プロの方は勿論、ご家庭でもお使いください。数年前から静かなブームの自家製麺には必須アイテムです。柔らかいものは意外と切りにくく、切れ味が必要です。宮文の麺切包丁、手打ち麺のお供にいかがでしょうか?